Crawfish Football Club

Since 2002 from 1010

4/22公式戦

 足立リーグ3部公式戦
  クローフィッシュFC 1-0 ほねつき
   得点:宮川

 2012年シーズンの公式戦がスタート。
 参加人数は11人ジャスト。
 フォーメーションはこんな感じ。


 前半は有利に進めながらも0-0で折り返し、後半にGKひろきちのパントキックをダイキが拾い、それを宮川につなぎ、ファーサイドへグラウンダーのシュート。これがサイドネットに決まって待望の先制点。


 後半残り10分くらいで、俊典が足首を痛めて負傷退場。10人で守ることになって、結構攻め込まれたんだけど、何とかしのいで1-0のまま試合終了。
 後半は決定的なチャンスが何回かあったんだけど決められず自ら苦しい試合にしちゃった感じだったね。

 まあ無失点で白星スタートということで良しとしましょう。

 参加者:ひろきち、たっちゃん、俊典、宮原、山崎、ノブ、岩崎、宮川、俊、ダイキ、大森

 追記:前審担当でノブが主審をやってくれたんだけど、こんなシーンがありました。
  ペナルティエリア内で、浮き球のルーズボールに攻撃側選手が頭を出したところに守備側選手が足を上げたため、ノブは笛を吹き、試合を止めました。
  ノブの判断は、ハイキック(危険なプレー)で攻撃側の間接FKとしたんだけど、攻撃側のチームがペナルティエリア内だからPKだろ!と猛抗議、後でルールを確認しろとまで言われたけど、ノブは判定を変えずに間接FKで試合を再開しました。
  この時にクローのメンバーにはひろきちから、PKになるのはペナルティエリア内で直接FKに該当する反則があった場合なので、間接FKに該当する反則の場合は、ペナルティエリアの内、外関係なく、反則があった地点から間接FKで正しいということで、ノブのジャッジは正しいと思うと説明し、みんな納得していました。
  ハーフタイムでノブが戻ってくるときに、拍手してナイスジャッジと迎えたので、試合終了後に抗議もなく(抗議したチームが勝ったからというのもあるけど)無事終了。
  足立リーグへの試合報告でこの件を知らせましたが、ノブのジャッジは正しかったので自信を持ってくださいとの公式な返答がありましたので、みんなに報告します。
  改めてノブ、ナイスジャッジでした。

コメント

ノブ 主審お疲れ様でした。
ナイスジャッジでした。
ブレない気持ち大切ですね。

ヒロキチさん、足立リーグへの報告ありがとうございました。

ハイキックは間接フリーキック、キッキングであれば直接フリーキック(この場合であれば、PK)。
ジャッジはヒロキチさんが書いた通り、ハイキックでの間接フリーキック。
攻撃側のチームはハイキックであろうと何であろうとぺナルティーエリアの中のファールだからPKだと主張。
この時点でフリーキックのルールが全く分かっていないね。
審判に抗議しても判定が覆ることはないし、審判への印象が悪くなるだけ。
審判は公平且つ毅然とジャッジするのが、当然だけど、されど人間。感情があって当然。紳士的にプレーしていれば、自ずと好印象を持ってくれし、文句ばかり言っていれば悪い印象を持たれて当然だと思う。
クローでプレーするのであれば、プレーは熱く、気持ちは冷静に。
区リーグであれば審判の質が低い試合もあります。(昨日の前審の前の試合の審判はひどかったね。)審判、副審のレベルの低さ、判定の曖昧さを早い時間帯で見極めるのものチームとしての能力のひとつだと思う。審判のレベルが低ければ、例えば、オフサイドには固執しないとか、早く判断すべきだね。文句を言っても何も変わらないよ。
長くなりましたが、要はせっかくの日曜日なんだから楽しくサッカーをやりたいねということです。

ノブさん 毅然な態度ナイスでした。

初戦勝ててホッとしたね。このまま連勝したいね。

病院で、重度の捻挫では無いと診断されたけど、まだ痛みと腫れ内出血があるから、しばらくサッカーできなそう。(あぁサッカーしたいよ)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://crawfishfc.blog23.fc2.com/tb.php/399-f66a24ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

Crawfish FC

Author:Crawfish FC
仮管理者:ひろきち

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する